HOME > 病名検索 > 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、神経変性で重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす運動ニューロンの病気です。筋萎縮性側索硬化症(ALS)は極めて進行性の速い病気で、半数の筋萎縮性側索硬化症(ALS)が発症後3年から5年で呼吸筋麻痺により死亡します。運動ニューロン病は脊髄、脳幹や大脳皮質の運動ニューロンのみが選択的に障害される病気です。

運動ニューロン病の中で最も多いのが筋萎縮性側索硬化症(ALS)です。有病率は10万人に5人程度で、難病に指定されています。女性よりやや男性に多く、中年以降に発症します。遺伝を示すことはほとんどありません。

筋萎縮性側索硬化症は進行性で、最初は脱力で始まり、足よりも手に頻繁に起こります。左右どちらかの筋力低下がより進行し、腕や脚へ波及します。脱力に先立って痙攣もよく起こりますが、感覚の変化はありません。時間の経過とともに脱力が著しくなり、けい縮が起こります。筋肉がつって硬直し、続いて痙攣が起こり、振戦も現れます。

喉の筋肉が衰えると、構音障害や嚥下障害をもたらします。筋萎縮側索硬化症は最終的に呼吸を行う筋肉の力が低下して呼吸困難が起こり、一部の患者では人工呼吸器が必要になります。運動系が広範に障害され、特に錐体路について上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの両方が障害されます。

感覚系や自律神経系の障害は通常認めないです。下位ニューロンの障害による徴候は、頭頸部(脳神経による)・四肢(脊髄神経による)の筋萎縮・筋力低下・線維束性収縮が表れます。四肢筋萎縮は上肢の遠位筋に顕著です。脳神経の障害で 構音障害・ 嚥下障害・舌萎縮( 球麻痺)が現れます。

腱反射は低下します。筋萎縮側索硬化症(ALS)典型例では下位ニューロンの障害が上位ニューロンの障害よりも先に、しかも強く現れます。上位ニューロンの障害による徴候は、四肢の筋萎縮、球麻痺、強制号泣・強制失笑、腱反射・下顎反射亢進などです。上位ニューロンの障害が強い症例では、反射が亢進することも、下位ニューロンの障害によって消失していることもあります。

陰性徴候として、感覚障害、眼球運動障害、膀胱・直腸障害、褥瘡があります。通常これらの徴候が現れないですが、少数の症例で感覚障害や、錐体外路徴候がみられます。家族性筋萎縮側索硬化症(FALS)は、全体の5~10%を占めます。

家族性筋萎縮側索硬化症(FALS)の約2割は、遺伝子の変異が報告されていますが、多くの家族性筋萎縮側索硬化症(FALS)の原因は不明です。筋萎縮側索硬化症(ALS)は基本的には一次運動ニューロン障害の症候として、痙縮、腱反射亢進、病的反射の出現がみられ、二次運動ニューロン障害の症候として、筋力低下、筋萎縮、線維束性収縮が見られます。

発語、嚥下に関与する筋を支配する運動ニューロンが障害されると、構音障害、嚥下障害をきたし、呼吸筋を支配する運動ニューロンが障害されると呼吸障害を起こします。

筋萎縮側索硬化症(ALS)では、最終的には進行して、上位と下位の運動ニューロンが共に障害されますが、初期には下位運動ニューロン障害、もしくは上位運動ニューロン障害のみがあります。また、比較的長期間にわたり、いずれかの特定のニューロンの障害のみが持続する症例もあります。

当院の取り組み

中国医学鍼灸院の筋萎縮側索硬化症の治療目的は、できるかぎりの回復の機会を提供することと完全な回復までの時間を短縮することです。筋萎縮側索硬化症(ALS)はなかなか治療方法がない現状の中、当院は二十数年前から針灸治療を取り組んできました。

中国医学鍼灸院は25年間、筋萎縮側索硬化症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法を開発しました。特殊な鍼と電気の併用で良い成果を上げています。多くの筋萎縮側索硬化症(ALS)患者さんの上肢の運動機能障害(上肢麻痺)、歩行障害(下肢麻痺)、構音障害、嚥下障害など症状の回復が見られました。


中国医学鍼灸院の治療方法は筋萎縮側索硬化症の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして症状の回復で、生活の質を向上させるのに役に立っています。

筋萎縮性側索硬化症患者の質問と返事
■筋萎縮性側索硬化症患者DE様のご相談

[ ご相談内容 ] :
筋力低下を感じ、じわじわと症状が進行してる状況です。総合病院で検査を受け、他の病院でセカンドオピニオンを受け、全く異常無しとの診断を受けましたが、症状はALSに似ております。 現在はブロック注射で改善できるというクリニックで治療しており、手探りで治療を受け、何とか進行を止めているようで、その他にも治療はできないか探しております。 宜しくお願い致します。

■当院の返事:
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った方も いらっしゃいますので、心配ないと思います。
■患者様の返信: